AGAは早めに治療するべき

髪に関して心配する男性

AGAというのは男性型脱毛症のことであり、男性によく見られる特徴的な薄毛の症状です。その特徴は前髪の生え際の髪のボリュームがなくなって後退してくるような症状や、頭頂部のつむじあたりの髪の毛が抜けて円形に薄くなってくるというような症状です。
AGAの主な原因としては男性ホルモンの影響や頭皮の血行不良などがあげられます。それら原因に応じた対処法を行う必要がありますが、いずれの場合も即効性があるということではないのです。
髪の毛にはヘアサイクルというものがあります。ヘアサイクルは髪の毛が成長して抜けかわるというサイクルであり、通常4、5年かかると言われています。髪の毛は伸びているあいだ成長を続けています。この期間が長ければそれだけ太く丈夫な髪の毛が生えてくることになります。
しかしいつまでも成長を続けるわけではなく、やがて成長が衰える後退機を迎え、成長が止まる休止期を迎えることになります。この段階ですぐに髪の毛が抜けてしまうわけではありません。毛根から次の髪の毛が生えてくることで抜けかわるのです。
AGAはこのヘアサイクルが乱れてしまい、成長する期間が短くなり細く弱い髪の毛となり、髪が抜けるサイクルが早くなってしまうのです。気をつけなければいけないこととして、AGAの症状がでるとかなり進行していることもあります。
気づいた頃にはかなり薄毛が進行していたということもあるので、AGAの治療としては早めに行うことが大切です。
きちんとヘアケアや治療を行い、ヘアサイクルを正常に戻すことです。ヘアサイクルを早めに戻すことができるとAGAの進行を止めることもできます。
またAGAを治療するためには時間がかかるということも知っておく必要があり、継続して治療を行うことです。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧