• ホーム
  • AGA治療のデメリットは料金の高さ

AGA治療のデメリットは料金の高さ

髪の毛が増やしたので、嬉しくなる男性

AGAとは、「Androgenetic Alopecia」を略した言葉で、日本語では男性型脱毛症の意味になります。第二次性徴が起こる思春期
以降の男性に起きる状態で、額の生え際や頭頂部の髪の毛が徐々に薄くなっていき、やがて頭髪が生えなくなってしまいます。
AGAの主な原因は男性ホルモンにありますが、遺伝や喫煙などの生活習慣、疲労やストレスなど、様々な影響を受けて進行していきます。男性ホルモンのテストステロンは、本来ならば男性らしい骨格や筋肉を作り、挑戦心や向上心といった精神力を沸き立たせる効果がある重要なホルモンです。しかしテストステロンは、5αリダクターゼという変換酵素の影響を受けると、ジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変換されてしまいます。本来、強く太い頭髪を生育するはずのテストステロンがDHTになってしまうと、毛を生み出す毛乳頭細胞にある受容体に結合してしまい、健全な発毛が妨げられてしまいます。
AGAは進行が始まると自然に改善する事はないので、なるべく早めに治療をスタートする事が肝要となります。一度頭髪が弱々しくなってしまった後から治療するより、AGAの症状が軽い内に治療を始める方が費用や手間を抑えられます。皮膚科や専用クリニックでは、処方薬を使っての治療が中心に行われています。市販の育毛剤やサプリメントと違って、厚労省により効果と安全性が確認された処方薬であるのが特徴で、高い発毛効果が期待できます。デメリットとしては料金の高さがあり、AGA治療に健康保険等が適用されないため治療費は全額が自己負担です。しかも継続的に治療を続ける必要があるため、ある程度の経済的な負担は覚悟しなければいけません。
AGAの治療薬であるプロスカーにはフィンカーというジェネリック医薬品があります。
プロスカーとフィンカーは元々前立腺肥大症治療薬として誕生しました。
しかし有効成分であるフィナステリドがAGA治療にも効果があることが分かりました。
プロスカーとフィンカーをAGA治療薬として服用する場合はピルカッターで1/5にしてお飲みください。
医薬品は医師から処方してもらうか海外から個人輸入することで合法的に購入できます。
日本語で作られたフィンカーのネット通販サイトもあり、まとめ買いすることで割引もあります。
通販サイトとジェネリックを使えば経済的負担を減らせるかもしれません。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧