• ホーム
  • AGA治療薬で頭皮のかゆみが出た時は病院に

AGA治療薬で頭皮のかゆみが出た時は病院に

髪を気にする男性

最近では薄毛の症状を改善するための専門の病院が登場しており、AGA治療を受けやすい体制となってきています。
薄毛の種類の中にはストレスや精神的な原因によるものや、生活習慣が乱れていることで引き起こされるものなどがありますが、それとは別に男性ホルモンが原因で発症するものがあり、AGAと呼ばれています。
AGAの場合には、男性ホルモンと還元酵素が結合することでDHTが発生していまい、ヘアサイクルを乱す原因となります。
DHTが多量に発生することで、通常のヘアサイクルよりも極端に短い髪の毛になるために、細くて短い髪の毛になってしまうことがわかっています。
専門の病院を受診することで、薄毛の原因を調べるカウンセリングを受けることが可能で、その結果としてAGAを発症しているときには、治療薬が処方されます。
AGA治療薬として知られているものにはプロペシアがあり、半年以上の期間継続的に服用することで、薄毛の症状を改善できます。
ただし、個人差がありますが人によってはプロペシアを服用することで、副作用が生じる可能性があります。
代表的な副作用としては、勃起不全や性欲減退などの作用となります。
プロペシアとは別の種類のAGA治療薬としては、ミノキシジルが認可を受けているために病院で処方を受けることができます。
ミノキシジルを髪の毛が薄くなっている部分に塗布することで、血管を拡張させる作用が得られますので、頭皮の育成に必要な栄養素を運ぶ効果を引き上げることができます。
ミノキシジルに関しても低い確率ではあるものの副作用が生じる可能性があり、頭皮のかゆみやかぶれ、皮膚炎、湿疹、血圧の上昇などの症状が現れることがあります。
頭皮のかゆみなどを感じたときには、速やかに診療を受けている医療機関を受診して医者に相談することがおすすめです。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧